・・・2011年版の変更点と対応

ISO20000 2011年版の変更点と対応 その1

  ・変更点 :各章ごとのObjective“達成目標”が2011年版では削除されました。
       (JIS Q 20000ではObjectiveを“目的”と訳されています。)
・理由   :ISO200002005年版はBS15000を基に短期間で開発されたため、

        例外的に目的が明記されていましたが、2011年版はISOのルールに準拠し

         標準化が図られたため、削除されました。

  ・古川所感:ISO20000-2011年版がISOのルールに則り標準化が図られ、QMS

ISMSとの整合性が高まったことは、好ましいことではあるが、折角の

ITSMSの良さが削られてしまったことは残念である。

・対応案①:“達成目標”が規格要求事項に明記されていなくても、自社のITSMS

マニュアルには“達成目標”を残しておく。  

        対応案②:サービスマネジメントプロセスの有効性を測るのにKPI(重要業績評価指標)を

                      用いますが、目標を明確化するために、必ずKGI(重要目標達成指標)を

                      併記するとよい

 

ISO20000 2011年版の変更点と対応 その2

   ・変更点 :“内部サプライヤ”を2011年版では“内部グループ”と呼びます。

           尚、内部サプライヤの管理はサプライヤ管理で行いましたが、内部グループの

管理はサービスレベル管理にて行います。

以下 TBD……..

Comments